招待客の負担を考える【引き出物の郵送システム】

ギフト

出産祝いとお返し

出産祝いをもらった場合には、そのお返しとして出産内祝いを贈ることがマナーとなっている。出産内祝いでは、お祝いをもらった後1ヶ月程度で贈ることや、貰った額の半分から3分の1程度の予算で返すなどのマナーがある。

詳しく見る

招待客の利便性を考えて

プレゼント

帰りの荷物を減らす取組

結婚式に招待されるのは嬉しいものです。一生に一回しかない友人や知人の晴れ姿を生で見られる機会はそうあるものではありません。幸せそうな姿を見て、幸せのお裾分けをして貰えるのは、結婚式くらいではないでしょうか。そんな結婚式ですが、招待されて一つ困る事があります。それは引き出物です。引き出物は結婚式に来てくれたお礼に新郎、新婦から感謝の気持ちを込めて贈られます。しかしながら、結婚式場に近い場所に住んでいる場合は稀なので、どうしても帰り道の荷物の多さにうんざりしてしまいます。そのため最近では、カタログギフトが贈られることが多いです。これは、色々な商品が載っている冊子が1冊、引き出物として入っており、その中から商品を選んで、同封されている葉書に商品番号を記入して郵送するか、インターネットから申し込む事ができます。一昔前は、こういったカタログはなく、食器などの引き出物を大きな袋に入れていたので、帰り道の荷物は削減されています。それでも、荷物が重たいと感じてる人は多いです。そんな招待客の方の気持ちを考えて、引き出物がさらに進化しています。それは、カタログギフトすら後日お家まで郵送してくれるというものです。結婚式に招待する時点で、新郎、新婦は招待する人の住所を把握しているので、こういったカタログギフトの郵送ができるようになっています。この郵送システムにより、招待客の荷物は来る時と帰る時で同じなのでとても喜ばれています。

家族

ギフトを選んでもらう

一年に一度の割合で必ずやってくる敬老の日ですが、この時は日ごろの感謝をこめてプレゼントをする人が多いです。カタログギフトは商品を選べるので、おすすめのプレゼントです。渡す相手が本当に喜んでくれるかどうか、ここが大切なポイントです。

詳しく見る

贈り物

ゲストの負担を減らします

最近結婚式・披露宴での引き出物を郵送でお渡しするという方法をとるカップルが増えています。参列者の当日の負担を減らすことができて人気なのですが、その際には事前に郵送する旨をメッセージカードで伝えること、参列者が受け取れる日に届くようにすることなどを考慮する必要があります。

詳しく見る

おむつケーキ

祝ってくれたことへの感謝

出産内祝いは、大切な子どもの出産を祝ってもらったことに対する感謝の気持ちを形にあらわすことができる素敵な機会です。出産後いろいろと忙しくても、ネットショッピングなら好きな時間にじっくりと何を贈るか選ぶことができます。

詳しく見る

家族

感謝と尊敬をこめて

敬老の日は、今の社会に貢献してきた高齢者の方々に感謝をあらわすプレゼントを贈るよい機会です。伝えたい気持ちや、贈る方の好みに合わせて、素敵なプレゼントを選んで贈りたいものです。相手に選んでもらえる商品券やカタログギフトもプレゼントの選択肢の一つです。

詳しく見る

Copyright© 2018 招待客の負担を考える【引き出物の郵送システム】 All Rights Reserved.