招待客の負担を考える【引き出物の郵送システム】

出産祝いとお返し

ギフト

マナーと選び方

赤ちゃんが生まれ出産祝いをもらった場合、そのお返しとして出産内祝いを贈ることがマナーとなっている。出産内祝いを贈る際には、いくつかのマナーなどがある。出産内祝いを贈るタイミングとしては、出産後1カ月程度を目安として贈る方が良いとされている。但し、出産後は赤ちゃんの世話をすることに忙しいことや母体が安定していないなど直ぐに贈ることが難しいということがある。その為、出産祝いをもらったらお礼の連絡のみを早めに入れた上で、落ち着いたタイミングで出産内祝いを贈ることが良いとされている。出産内祝いを選ぶ際の金額としては、出産祝いの半分から3分の1程度の金額が目安とされている。その為、これらの相場額を目安として贈るものを探すと良い。最近では、インターネットで出産内祝いを選べるサイトも多く、百貨店などでもネット受け付けを行っているケースが多い。出産直後では、赤ちゃんを外に連れ出せないなどがあるため、ネットを活用して出産内祝いを贈り発送まで行うと利便性が高い。また、喜ばれるものを贈るためには、相手の趣向などを把握して送ることや年代を考慮して贈るものを選ぶと良いということがある。出産内祝いでは赤ちゃんを紹介するという意味合いもあるため、名前入りのものを贈ると良いということもある。出産内祝いでは、赤ちゃんの迎え入れと並行してのお返しとなるため、お返し前には比較的期間をおいても良いとされているため、ゆっくり選ぶことが良い。

Copyright© 2018 招待客の負担を考える【引き出物の郵送システム】 All Rights Reserved.